フェニーチェ歌劇場


  フェニーチェ(不死鳥)の何ふさわしく、何度も再建されている劇場です。

ヴェネツィア本当にあり、サン・マルコ広場から歩くと10分ほどです。

特に広い広場に面しているわけでもなく、特別大きな建物でもなく、

興味が無ければ特に目を引くこともありません。

イタリアらしく外観はシンプル。内部は壮麗な劇場です。

オフシーズン(6月末)に訪れたときには、オーケストラのコンサートが上演されていました。

フェニーチェ歌劇場


ゴンドラ用エントランス

 ヴェネツィアならではゴンドラ発着用の玄関があります。
徒歩用の正面玄関の裏側になります。
かつて、ゴンドラは貴族の乗り物だったということで、その伝統を再建後も残しているのですね。
ゴンドラ用エントランス

客席

 水色を基本にして、金の装飾が施されています。
2階中央には、ロイヤル・ボックスが設けられています。鏡と金で飾られた豪華なロイヤルボックスです。
1500席と比較的こじんまりとしていて、ロイヤル・ボックスからでもステージが見やすいです。

ホワイエ

 ホワイエは落ち着いた感じがします。
控え室も設けられています。
内部には、カフェがあります。内部見学の際にも、カフェは営業しています。
コーヒーとサンドイッチぐらいですが、ヴェネツィア観光の休憩にもいいかもしれまん。

内部見学

  内部見学は、正面玄関に入って直ぐにチケット窓口があります。
公演のチケット、内部見学のチケットの窓口は同じです。
英語のオーディオガイドの貸し出しがあります。
見学可能なエリアは、1階客席、ロイヤルボックス、ホワイエ(カフェ)、控え室。
内部撮影は不可です。

ショップ

正面玄関には、小さいながらも劇場ショップがあります。
ショップだけでしたら、入場料なしで利用できます。
商品は、絵葉書、CD、書籍、ヴェネツィアグラスのアクセサリーなど。
私が購入した劇場紹介の書籍と、オペラの名曲集CDのセットで15ユーロでした。
ショップ


 

チケット

 公式サイト(英語およびイタリア語)から予約するのが、一番お安い方法です。
マリブラン劇場の公演の場合もあるそうなので、注意が必要です。
予約代行会社から予約することも可能です。
オペラ鑑賞ツアーでフェニーチェ歌劇場でオペラ鑑賞というものがあります。(ただし、かなりお高めのツアー)
当日窓口でのチケット予約も可能ですが、オペラ目的で旅行する場合には、事前予約が安心。

 

 

《劇場街トップページへ》 《世界の劇場へ》