ザルツブルク 3ホール


  ザルツブルク祝祭大劇場、モーツァルト劇場、フェルゼンライトシュトーレは、

3つの劇場・ホールが併設されています。

小さな町で、大きな劇場が3つも並んでいることには驚かされます。

内部見学ツアーも開かれているため、誰でも見学することができます。

祝祭劇場




ホワイエ

 一歩踏み込むと一面に絵が描かれたホールが出迎えてくれます。(写真左)
描かれているのは、音楽やキリスト教に纏わるものです。
ベンチなども近代的なもので、想像していたものと全く異なりびっくりでした。

 フェルゼンライトシュトーレのホワイエは、雰囲気ががらりと変わって、重厚な感じです。
壁面は岩をけずったもので、左右のベンチやカウンタは、木材を彫刻したものでした



玄関ロビー
ホワイエ


祝祭大劇場

 1960年にできた劇場。
客席は、2179席。2階席まであります。
客席は緩やかな弧を描いていて、1階席前方から段差があり、見やすそうな客席です。
度々カラヤンが指揮したことで知られています。
祝祭大劇場
祝祭大劇場の客席祝祭劇場の舞台裏


フェルゼンライトシュトーレ

 1693年に、馬術学校を改築してできた劇場。
モーツァルトの時代にはすでに、劇場となっていました。
岩山を掘りだした背面はとても有名。
ヨーロッパの屈しの巨大な劇場です。
全1階席であるため、1549席の客席も広いです。

祝祭大劇場祝祭大劇場のきゃっくせき祝祭劇場の椅子


モーツァルトホール

 モーツァルトハウス、モーツァルト劇場などと呼ばれています。
かつてはザルツブルク祝祭小劇場と言われていました。それでも1,324席あります。
客席も舞台裏も近代的です。
舞台裏のセットは、『フィガロの結婚』のもの。
上演されるのは、モーツァルトの作品とは解らないようですが、この時はちょうどモーツァルトのオペラでした。

モーツァルト劇場 モーツァルトホールの客席 モーツァルトホール舞台裏 




内部見学

 夏季は、1日2回。冬季は1日1回の内部見学ツアーが開かれます。
少し早めにチケット売り場に行き、Theater Tourであること、人数を告げると、チケットを簡単に購入することができます。
時間になると、チケット売り場のすぐ隣の劇場入り口からツアーがスタートします。
ツアーは、ドイツ語と英語のみ。
随時、質問にも答えてもらえます。

チケットを取る

 ザルツブルク音楽祭のチケットも、一般のチケットも下記URLで購入することができます。
また、随時無料のコンサートやコンクールなども開かれていますので、ザルツブルクを旅する場合は、
ぜひとも、下記サイトで何か催し物が行われていないか確認しましょう。
下記サイトは、ザルツブルクほぼすべての劇場・ホールのチケットが売られていますので、
購入する場合には、劇場をよく確認することをおススメします。

URL:http://www.salzburgerfestspiele.at/

 


《劇場街トップページ へ》 《世界の劇場へ》