Shakespeares Globe グローブ座

ロンドン テムズ川の南岸。

1598年に建築されたグローブ座を、1997年に復元した劇場です。

シェイクスピアが保有していた劇場で、多くのシェイクスピア作品がここで初演されました。

現在でも、シェイクスピア作品を中心に、たくさんの舞台が上演されています。

渋谷の東京グローブ座は、こちらのロンドングローブ座より前に建築されました。

 グローブ座

ステージ

 円形の劇場で、2本の柱と屋根があります。
このステージは、当時の舞台を観た人描いたスケッチから再現されました。
幕で観ることが出来ませんが、ステージの中央、2階に演奏するボックスがあるそうです。
右の写真は、ステージの天井。ほとんどの客席からは、見えないにもかかわらず美しい正座が描かれています。

グローブ座のステージ天井


客席

 客席は木造の3階建て。屋根は茅葺です。平土間には屋根がありません。
椅子は長いすのような木のベンチで、座席番号などは書かれていません。
天井とステージ上に大きな輪がありますが、これは常設されているものではなく上演中の作品です。

 右の写真はジェントルマンボックスとよばれる、貴賓席。2階の上手下手にそれぞれ2つあります。
このボックス席は、長いすではなく、ここの椅子です。
壁には、ギリシャ神話の絵が描かれています。

客席ジェントルマンボックス



劇場の施設

  テムズ川から劇場に向かって左手側に、ボックス・オフィス、ショップ、カフェが入っている建物があります。
劇場とは違って、近代的な建物です。
お土産は、シェイクスピア・グッズやシンブル、本などなど。



内部見学

 エキシビジョン&シアターツアーが、午前中15分置きにあります。
説明は英語のみですが、劇場を簡単に説明した日本語の説明書がもらえます。
入り口は、テムズ川から劇場に向かって右手側の別の建物です、壁に大きく「Exhibition  and Theatretour」と書かれているので、迷うことはないでしょう。
入り口で、人数を伝えるとツアー開始時間を書いたチケットがもらえます。
ツアー開始まで、博物館を見学できます。
舞台衣装、小道具、劇場の歴史のビデオ、世界中のシェイクスピア翻訳本(もちろん日本語もある)が展示されています。
大きい博物館ではないのですが、ツアーで集まる場所が、少々わかりにくかったです。
2階建てになっていて1階に小さなステージがあります。集まる場所は、広場を挟んだステージの反対側。
この辺りにいれば、呼んでもらえますし、人も集まるのでわかると思います。
所要時間は、博物館の見学を含めて1時間ぐらいです。


アクセス

 グローブ座は、テムズ川の南岸。ミレミアム橋の直ぐ近くです。
MansionHouse駅、London Bridge駅のどちらも、ほぼ同じ距離ですが少々距離があり歩くと15分ぐらいかかります。
私は、MansionHouse駅から歩いたのですが、ミレミアム橋に出る道がわかりにくかったです。
セントポール寺院からまっすぐ南下するとミレミアム橋なので、こちらの方が分り易く、観光も兼ねて歩くならこちらがオススメです。
駅からタクシーを利用する場合は、London Bridge駅の方がよいです。


《劇場街トップページへ》  《世界の劇場へ》