日生劇場


 東京日比谷にある劇場です。

名前の通り日本生命が所有する劇場。

貸し劇場であるあため、劇団四季も東宝もその他劇団も上演します。

都内有数の大型劇場です。

劇団四季によるニッセイミュージカルは、毎年都内の小学生を招待して上演されます。


このページに掲載している写真は、舞台フォーラムで撮影したものです。
この日は館内の写真撮影は可能です。

日生劇場


ステージ

 幅の広いステージ。
大きなセリが奥にあり。
小さなセリは手前左右にあるそうです。

 舞台奥および舞台天井の空間があまりないため、
吊りものや舞台背景を後ろから映し出すには、いろいろ苦労するそうです。
吊りものはすべて電動。
ステージ舞台天井舞台袖

客席

 客席は1階席、2階席、グランドサークル(中2階席)があります。
照明や映像を映す設備は、中二階席の後ろにあります。
床は赤い絨毯、椅子はサーモンピンク。
壁はすべて曲線。タイルづくりで、白いタイルがメインですが、ところどころに金があしらわれています。
客席客席


ホワイエ

 日生劇場のホワイエはとっても広い。
大理石に赤い絨毯。この絨毯を敷いた階段は転びやすいの要注意です。
2階にカフェとグッズショップがあります。
劇場の外になりますが、同じ建物1階には喫茶店があります。
ホワイエ螺旋階段

オーケストラピット

  オーケストラは、上手、下手、中央の三つに分かれていて、別々に上下移動が可能です。

オーケストラピットオーケストラピット

劇場内の展示物

 3階フロア(劇場客席では1階にあたるフロア)に、
日生劇場の昔の作品の写真が飾ってあります。
越路吹雪のリサイタルや、劇団四季のはだかの王様の写真もあります。

劇場設備

 クロークが1階にありますが、基本的に預かってもらえるのは、コート類のみです。
何度か荷物をお願いしようと思ったのですが、「客席にお持ちください」とのことでした。
スーツケースはさすがに客席に持ち込めないためか、クロークが預かっているのを見かけました。
劇場内にコインロッカーもないため、大きな荷物はあらかじめ、駅のコインロッカーに預けた方がよさそうです。

 お手洗いが増設されたため、以前より余裕があります。

 グッズショップは、上演作品によって様々。
ほとんどグッズがない公演の場合もあります。
劇場に小さなカフェがあります。また、同じ建物内に喫茶店もあります。こちらはチケットを持っていなくても利用可能です。

チケットを取る

 貸し劇場であるため、基本的に上演している劇団・制作会社からチケットが発売されます。
上演中であれば、劇場窓口で購入することができます。

バックステージ・ツアー

 私が知るかぎりでは、11月の舞台フォーラムの1回のみ。
舞台袖が見らえるかどうかは、その時々によります。
基本的に日生劇場が製作したオペラの製作の話が中心。
技術的な話も多く、舞台製作に携わりたい人むけです。

上演代表作品

オペラ 夕鶴
バレエ ジゼル
サンセット大通り
モーツァルト!
ラ・カージュ・オ・フォール
裸の王様

          などなど

周辺情報

 地下鉄日比谷駅からは、出て直ぐ。
JR有楽町駅からの歩けます。

 日本の劇場街ともいうべき場所で、シアター・クリエ、東京宝塚劇場と並んでいます。
帝国ホテルは道を挟んだ隣。
日比谷公園もすぐ目の前。

 近くにはカフェ、ファーストフードから、有名なレストランまであり、食事には困らない場所です。

《劇場街トップページへ》 《世界の劇場へ》