ビッグベン

 

ビッグベンの夜景
     『ピーターパン』『メリー・ポピンズ』

 ピー ターパンがビッグベンの周りを飛ぶイメージがあるのは、ディズニーの影響でしょうか?アニメ名作劇場の影響でしょうか?
メリー・ポピンズでも象徴的に登場します。

ハイド・パーク
    『ピーターパン』

 ピーターパン像。
観光客がたくさん集まっています。
周りにはリスがいっぱいです。
ハイド・パークはとてつもなく広いので、
入り口を間違えると、たどり着かないです。

ピーターパン

クリスマス・キャロル

聖ダンスタン・イン・ザ・ウェスト教会
     『スクルージ』/『クリスマス・キャロル』

 スクルージが、クリスマスの朝ここの鐘の音を聞いている。スクルージの家 は、この周辺だそうです。
ちなみに、おとなり右側の建物は、スウィーニー・トッドさんのお宅。

ロンドン塔
  『パイレート・クイーン』

 ビンガム卿が幽閉されてし まった牢獄。
エリザベス自身、女王に即位する前に幽閉されたことがあります。

エリザベスの母親アン・ブーリンが処刑されたことで知られています。

ロンドン塔

反逆者の門

ロンドン塔 反逆者の門
    『パイレート・クイーン』

 エリザベスは、20才の時船で二度と出ることができないといわれるこの門を潜りました。

ウェストミンスター寺院
  『パイレート・クイーン』

 エリザベス1世が戴冠式を行い、そのごここに葬られました。
荘厳な寺院です。
ビッグベンの直ぐ隣です。

ウェストミンスター寺院

エディンバラ城

エディンバラ城のスクーンの石
  『パイレート・クイーン』


 エジンバラ城の時計のある塔に、スクーン石があります。エリザベス女王や歴代のイングランド王が、この上で戴冠式を行い ました。
もとはアイルランドを経てスコットランドに持ち込まれ、スコットランド王の戴冠式でもちいられていました。その後、イングランドが勝手に持ち去った石。 700年ぶりにここスコットランドに戻されたものの、一説にはニセモノという話も。ただの石です。

ランベス地区
    『ミー・アンド・マイガール』


 ビルが住んでいた地区です。
ビッグ・ベンとテムズ川を挟んだ反対側にあります。
観光客はあまり訪れない地区です。

ランベス地区

ロンドン病院

ロンドン病院
   『エレファント・マン』

エレファントマンが入院し、亡くなった病院です。
現在の名前は、ロイヤル・ロンドン・ホスピタル。
ホワイト・チャペル駅前にあります。

(ヨーロッパを旅行していると思うのですが、
 ホテルも美術館も古い建物はステキですが、
 病院だけは近代的な建物方が・・・)

セント・ポール寺院
     『メリー・ポピンズ』

セント・ポール寺院の前の階段には、鳩の餌をうる心優しいおばあさんがいる。印象的なシーンです。
本当に、ケンジントン地区から、金融街に向かう途中にあります。

セント・ポール寺院

シティ

シティ
  『メリー・ポピンズ』

ロンドン内の金融街で、お父さんが勤めている銀行もこのあたりです。写真はロンドン証券取引所。物語では、徒 歩通勤ですが、ケンジントンから、シティまではかなりの距離があるので、実際に歩くのはかなり大変です。

ウィンザー
  『ウィンザーの陽気な女房たち』

 ウィンザーは、ロンドンから電車で40分程度の小さな町です。残念ながら、ウィンザーの女房さんたちとお話 する機会はありませんでした。観覧車の向こうに見えるのは、ウィンザー城。
塔の上に旗が立っています。女王がいらっしゃるときには、女王旗。いないときはイギリス国旗です。
ちなみに、この日は、女王がいたので女王旗です。
女王旗

ウィンザー



《劇場街トップページへ》 《ミュージカル・演劇の旅一覧へ》