劇場街トップへ
ミュージカル カルメン     〜 Carmen 〜
 Main  Travel 
bar


   私は誰にも縛られない   

 

 
コルドバ

 原作『カルメン』では、コルドバから話が始まります。
ローマ植民地からアンダルシアの中心地で、
今でもsのの名残が残っています。

コルドバ

鐘楼

鐘楼

 日暮れを示す鐘と同時に女たちは水浴びをしたと書かれています。
ある時、買収して日暮れより前に鐘を鳴らしたエピソードは有名ですよね。
どの寺院の鐘とまでは掛かれていないのですが、
川からもっとも近く、鐘楼も大きいので、
このメスキータの鐘でしょう。

 メスキータは、ローマ神殿をイスラム寺院に、イスラム寺院をカトリック教会にしたものです。
グアダルキビル川

 いくらなんでも、上記のローマ橋のあたりで水浴びは無理だろうとおもったのですが、すぐ近くのアルカサル(王宮)のあたりは、細く穏やかな小川になっているので、ここなら水浴びも可能でしょう。

グアダルキビル川

川へ降りる階段

川へ降りる階段

 
 原作の語り手'わたし'は、水浴から上がってきたカルメンと出会います。
どこから川に降りられるのかと探してみると、
やはりアルカサルの前に川へ降りられる階段がありました。
 'わたし'とカルメンが出会ったのは、間違いなくここだったことでしょう。

 

旧タバコ工場

 
 カルメンが働いていて騒動をおこしたグラナダのタバコ工場。
実際当時は、女性しか働くことができませんでした。
現在は、グラナダの大学になっています。

旧タバコ工場

闘牛場

セビリアの闘牛場

 エスカミーリオが活躍した闘牛場です。
白くまぶしい闘牛場です。
原作に登場する闘牛場はセビリアではなくグラナダです。

 原作では馬に乗っていて下敷きになったとありますので、
正闘牛士(マタドール)ではなく、最初に牛に槍を指すピカドールのようです。
トリアナ地区

 カルメンが、「おいしい揚げ物が食べたければトリアナに行って御覧なさいよ」というのは、セビリアの町の中心の川を挟んだ対岸側。
当時は町はずれ
トリアナ地区
フラメンコ
ジプシー・フラメンコ

 
 原作では、カルメンが割れたお皿をカスタネットにして踊るシーンがあります。 
ジプシー・フラメンコをみることができる場所がいくつかあります。
グラナダでは洞くつでジプシー・フラメンコを見せるもっとも古い店です。
洞くつ内に、鋳物がたくさん飾られていますが、
これは、ジプシーことロマ族の主な仕事は、鋳物だったためその名残です。

ジプシー・フラメンコ

 ジプシー・フラメンコを踊っているからと言って、ロマ族とは限らないでしょうが、
明らかにロマの血を引いているひともいました。

 写真撮影およびサイト掲載の許可を得ました。
お店の人曰く、写真、動画・フラッシュなんでもOK、OK。
実は、ダンサーたちは、スターとなって大都市やスペイン全土で活躍するためパトロンを探しているのだそうで、そのためにも撮影などが緩いのかもしれません。ただ単にスペイン人だから深いこと考えないのかもしれません。
男性はすでに大スターで、出身であるこのお店にたまに出演するそうです。
当然トリでした。

フラメンコ


《劇場街トップページへ》 《ミュージカル・演劇の旅一覧へ》