劇場街トップへゲーテをたずねる旅 
Travel
bar

『ファウスト』や『若きウェルテルの悩み』を描いたドイツの代表詩人ゲーテを訪ねてみましょう。

 ゲーテ

ゲーテ博物館

 ゲーテは、フランクフルトの名家に生まれました。
生家は、第二次世界大戦で爆撃で破壊されてしまいましたが、
復元され博物館として公開さいれています。

 フランクフルトの観光名所レーマーから、
徒歩で行くことができます。

ゲーテの家

 旅する詩人ゲーテは、ヨーロッパ中を旅行していましたが、人生のもっとも長い時間をワイマールで過ごしました。
ゲーテの家は、現在博物館として公開されています。

ゲーテの家
シラーの家
シラーの家

 ワイマールのゲーテの家から徒歩5分ぐらいのところに、シラーの家があります。
ゲーテは、友人シラーをワイマールに呼び寄せたと言われています。
シラーの家も現在博物館として公開されています。

ワイマール国民劇場

 ゲーテの『ファウスト』が初演された劇場です。
シラーの家から歩いてすぐ。
何度か建て替えられ現在の建物は1907年のものです。

ワイマール国民劇場
ゲーテとシラーの像
ゲーテとシラーの像

 ワイマール国民劇場の前に立っているのは、
ゲーテとシラーの像です。
ワイマールといえばこの像というぐらい
必ずこの写真が写っています。

え?どっちがゲーテで、どっちがシラーかって?
向かって左だったような・・・。
ゼンパーオーパーのゲーテ像

 ドレスデンのゼンパーオーパー(ドレスデン国立歌劇場、ドレスデン州立歌劇場)の入り口で客を出迎えるのは、
ゲーテの像です。
劇場に向かって右側に、原稿を持っている像です。

ゼンパーオーパー
ドレスデンのフラウェン教会
ドレスデンのフラウエン教会

 ゲーテもこの教会をお訪れました。

 部分的に黒いレンガがはめ込まれいます。
第二次世界大戦の際、焼けて崩壊してしまい東ドイツ時代は放置されたままでした。
東西ドイツ統一後、再建されたのですが、どこにあったか判明したレンガは元の位置にはめ込まれました。
古いレンガの部分が黒くなっているのです。

 内部も必見で、教会というより馬蹄形の劇場に近い造りになっています。


ツィンガー宮殿

 ゲーテはツィンガー宮殿内のアルテ・マイスター美術館も訪れています。こちらも第二次世界大戦で爆撃されていまうので、復元された建物です。
 この美術館で有名な作品は、ラファエロやフェルメール。
戦時中、美術品は近郊の村へ疎開していたそうで、無事だったそうです。

ツィンガー広場
ハイデルベルク

ハイデルベルク

 ゲーテは大学都市ハイデルベルクを愛して、
何度も訪れています。
第二次世界大戦で爆撃されなかったため、
古いままの建築物が残っています。

 ハイデルベルク城の入り口にゲーテの碑があります。
ゲーテの恋人マリアンネの詩の一節が刻まられています。ゲーテは66歳。マリアンネ24歳でした。(マリアンネの歳は諸説あるようです。)

ゲーテの碑
アスマンスハウゼン
アスマンスハウゼン

 ライン川の畔にある小さな町。
赤ワインの名産地で、多くの詩人・芸術家が集まりました。
ゲーテもこの町とワインを愛した一人です。
写真中央は、歴史的高級ホテルのクローネ。
今でも、ワインが名産で町の背後には、ブドウ畑が広がっています。

 
 

《劇場街トップページへ》 《演劇の旅一覧へ》