劇場街トップへ
ハムレット   Hamlet
 Main  Book  Travel 
bar

 シェイクスピア作品。有名な作品ですが、謎が多い作品でもあります。

奇抜な演出の舞台が数多く存在しますが、劇団四季では、正統派な舞台。

近年ハムレットの主演は、石丸幹二と下村尊則のWキャスト。

劇団四季では、めずらしくチケット発売前に、主演キャストローテーションが発表されました。

 

 

  あらすじ 


 物語全ての内容を書いているわけではありませんが、
ストーリー全てを舞台で楽しみたい方は、ご注意下さい。


 

 デンマーク。城壁に前王ハムレットの亡霊が出るという。
王子ハムレットは、父であるハムレット王の亡霊に城壁に会いに行く。
亡霊は王子に、現王クローディアスに耳の中に毒注がれ殺されたのだと告げる。
クローディアスは、王子ハムレットの叔父。
王妃ガートルードは、クローディアスと再婚し、クローディアスが王位に着いたのだった。
ハムレットは、クローディアスへの復讐を誓う。

 ハムレットは、異常な行動を始める。
恋人オフィーリアの部屋に忍び込み、オフィーリアの手を取り、じっと見つめた後、無言のまま姿を消した。
これを聞いたオフィーリアの父ポローニアスは、恋ゆえの狂気だと考えた。
オフィーリアを城に連れて行き、ハムレットと偶然を装わせて出会わせることにした。
その様子を、王クローディアス、王妃ガートルード、ポローニアスが隠れて様子を見守る。



《劇場街トップページへ》 《ストレートプレイ一覧へ》