劇場街トップへ
エリザベート
 Main  CD  DVD  Book  Travel  Event 
bar
ウィーン旧市内 ウィーン旧市周辺 オーストリア バイエルン その他 地図と旅の手帳  


 エリザベートと共に流浪の旅へ
           【ウィー ン旧市
内】

ホーフブルク宮殿(王宮)
 ― 1幕 皇帝の義務 ―
 ― 2幕 ママどこなの? ― ほか


 ハプスブルク家の王宮。
エリザベートは、この王宮を嫌って、逃げ出すように旅を続けました。


王宮

王宮の窓に映るシシィの影

庭園からシシィ博物館入り口の2階を見上げると、
シシィーの影が・・・。

シシィ博物館

 王宮内にシシィ博物館があります。
デスマスク、浴室、寝室、フランツヨーゼフの事務室、
体操に用いた吊り輪などを観ることができます。
右の写真は博物館の入り口。
シシィのシルエットが出迎えてくれます。

内部は写真撮影不可。

シシィ博物館

エリザベート像

エリザベート像

 王宮に面したフォルクス庭園。
庭園の中のもっとも奥にエリザベート像があります。
足元にはエリザベートが好きだったスミレの花が植えられています。

 

フランツ・ヨーゼフ像

 王宮庭園のオペルリング寄り。
エリザベート像とは、庭園の中でもっとも遠い場所に、立っています。
他のエリザベート像やモーツァルト像には観光客が集まっているのに対し、この像に目を留める人はほとんどいません。
彼の苦悩の人生を表すようにうつむいています。

エリザベート像が大理石。
フランツ・ヨーゼフ像はブロンズ。

フランツ・ヨーゼフ像

銀食器コレクション

銀食器コレクション内のエリザベート像

 ホーフブルク内の銀食器コレクションの展示。
エリザベートが使用していた食器と共に、飾られていました。40cm程度の小さなものです。
ハプスブルク家が使用していた食器

 銀食器だけでなく、金の食器、磁器の食器も展示されています。右の食器には、すべて双頭の鷲が入っていました。

ハプスブルク食器

アウグスティーナ教会

アウグスティーナ教会
  ―1幕 不幸の始まり、結婚のワルツ ―

 フランツ・ヨーゼフとエリザベートが結婚式を挙げた教会。
王宮の中の一部になっています。
ハプスブルク家の心臓が安置されています。
エリザベートの心臓は安置されていません。

アウグスティーナ教会内卯

 ハプスブルク家の教会という割には、小さい気がします。
心臓が収められている所は見学することができませんでした。

アウグスティーナ教会。

カプチーナ教会

  ― エッセン版 2幕 死の嘆き ―
  ― 宝塚版 2幕 霊廟 ―


 ハプスブルク家の納骨堂。
外見は意外に質素です。

 入ると最初に、ハプスブルク家最後の皇帝夫妻の棺があり、次にフランツ・ヨーゼフの墓があります。
中央がフランツ・ヨーゼフ、向かって左がエリザベート、右がルドルフの棺です。他の部屋はたくさんの棺が並んでいるのですが、ここは3人だけです。

別室には、ハプスブルク家最初の神聖ローマ皇帝や、マリア・テレジアの棺もあります。
 フランツ・ヨーゼフ・シシー・ルドルフの棺

シュテファン寺院

シュテファン寺院

 ウィーンの中心に位置するシュテファン寺院。
歴代の皇室の心臓を除く内臓が安置されています。
心臓・内臓・その他の臓器を分けて埋葬する風習は、フランツ・ヨーゼフが廃止したため、エリザベートの内臓は安置されていないということです。

シュテファン寺院の内部

 シュテファン寺院の内部は、大きく豪華絢爛です。
日本語のオーディオガイドもあるそうです。
カタコンベと屋上を見学することもできます。

シュテファン寺院内部
スペイン乗馬学校
スペイン乗馬学校

 宮殿内にあり、現在も続いている乗馬学校です。
朝の調教や、曲馬は見学することができます。
通りかかると、窓から馬が顔を出している姿を見ることができます。
乗馬が好きだったエリザベートも訪れたことでしょう。

デメル(デーメル)

 皇室御用達の菓子店デメル。
特にフランツ・ヨーゼフがひいきにしていたということです。
皇帝は甘党??
場所は、高級ブランドが軒を連ねるコールマルクト通り。
名物はザッハートルテ。
エリザベート皇后のお気に入りは、スミレの砂糖菓子。
どちらもお土産にすることもできます。

デメル フランツ・ヨーゼフの肖像が

デメルのフランツ・ヨーゼフの肖像画

 オープンカフェで高級ブランド街を眺めながらのお茶もいいと思いますが、是非2階へ。豪華なヴェネツィアガラスのシャン デリアがかかっているお部屋で優雅なひと時を過ごすことができます。1階より人が少なく、静かです。
お菓子を作っている様子も見ることができます。

 2階の奥の部屋にフランツ・ヨーゼフの肖像が掛けられています。結婚したころの姿です。
絵の本物は王宮内にあります。
カフェ・ツェントラル

 フェルステル宮殿内の世界的有名なカフェ。
各分野の常連客が名を連ねます。
カフェの中央に若きフランツ・ヨーゼフとエリザベートの大きな絵画が飾られています。

ツェントラル

リング通り
リング通り

 フランツ・ヨーゼフの命によって、旧市街が手狭になったためと、飛行機が開発されるなど、城壁が意味をなさなくなったことか ら、城壁が取り壊され、リング通りが作られました。1864年5月1日開通式にフランツ・ヨーゼフとエリザベートが出席した。

 リング通りにはトラムが走っており、ここを1周するとフランツ・ヨーゼフ時代の建築物が一度に見ることができます。

ウィーン国立歌劇場
 −ウィーン版、エッセン版 2幕 憎しみ―

 1869年リング通りに面した宮廷劇場(現ウィーン国立歌劇場)が完成したが、こけら落しにエリザベートは出席せず、フラン ツヨーゼフだけが出席したという。
しかし同年2月7日には、皇帝夫妻と皇太子ルドルフとともに、この劇場で、鑑賞しています。
 海外では、シェネラーのシーンが、オペラ座前という設定ですが、宝塚、東宝のプログラムには場所の記載がありません。

ウィーン国立歌劇場
ブルク劇場
ブルク劇場

 リング通りに面した美しい歌劇場です。
マイヤーリンクの悲劇の直前、
こけら落し公演で、フランツ・ヨーゼフとルドルフが喧嘩している姿が目撃されたといわれて言います。真意のほどは分かりません。

聖ペーター教会

 1857年4月9日聖木曜日、キリストにならって、フランツ・ヨーゼフとエリザベートは、それぞれ老人12人の足を洗う。その後エリザベートは、この儀式はほとんど出席しなかったという。

 シュテファン寺院から歩いてすぐですが、この教会まで足を運ぶ人はしれません。モーツァルトにまつわるエピソードもいくつか残っています。

ペーター教会

《劇場街トップページへ》