劇場街トップへふたりのロッテ
 Main  Book  Travel 
bar
オーストリア ドイツ 地図と旅の手帳      

ルイーゼになってウィーンを歩こう        

 

子供の家

子供の家はどこに

 ロッテとルイーゼがであった子供の家は、
ザルツブルクの近くビュール湖畔にありました。
原作に出てくるビュール湖は架空の湖です。
ザルツブルクの近くの湖といえば、ザルツカンマグート地方。
美しい湖がたくさんあります。そのいつかご紹介します。
左の写真は、ヴォルフガング湖。
実は、写真の建物は、何なのかわかりません。
私のイメージする『子どもの家』はまさにこの建物です。

※劇団四季ではケーニッヒ湖になっています。
 また本の作品紹介書きでスイスと記述されていることも。

 ハルシュタット

 世界遺産の小さな町ハルシュタットです。
湖の前に立つ教会と小さな家々。
原作に掲載されているイラストは、湖のほとりに写真中央と同じ教会が描かれています。
イラストレーターは、この町をモデルにしたのだと思われます。
湖の名前はハルシュタット湖。

 

ハルシュタット

フシュル湖

 フシュル湖

 ザルツカンマグート地方の湖の一つ。
日本での知名度は、上の2つには及びませんが、
5つ星ホテルが点在しています。
写真奥の山は、『サウンド・オブ・ミュージック』で有名なシャーフベルク登山鉄道の終着地です。

  ウィーン 国立オペラ座

 ルイーゼの父親パルフィー氏は、国立オペラ座の指揮者です。
ルイーゼになりすましたロッテは、オペラ『ヘンゼルとグレーテル』をこのオペラ座に見に行きました。
『ヘンゼルとグレーテル』は実在するオペラです。
実際に国立オペラ座で上演されることもあるようです。

オーストリアにおける指揮者の地位は高く、
その中でも国立オペラ座は最も尊敬されるそうです。

国立オペラ座

ウィーン国立オペラ座 ロージェ

ロージェ

 ルイーゼ(実際はロッテ)が、ゲルラッハ嬢と観劇したのは、
2階のロージェ(ボックス席)です。

その他オペラ座の詳細は、オペラ座の紹介ページをご参照下さい。

ローテン・トゥルム街

 ルイーゼとお父さんが住んでいたアパートはこの通りにありました。
ステファン教会から、マリエン橋を結ぶ大きな通りで、大変にぎやかです。

ローテントゥルム街

ケルントナー通り

ケルントナー・リング

 この通りにルイーゼのお父さんの仕事場がありました。
オペラ座前から、インペリアルホテルまでの比較的短い通りです。
日当たりがよいと書かれていますので、仕事場は南向き(リンク内側)にあったと思われます。

インペリアルホテル

 フランツ・ヨーゼフ統治時代に創立されました。
かつては宮殿だったもので、大変豪華です。
ルイーゼは、ここのレストランのオムレツが大好きで常連さんです。
お父さんの恋人ゲルラッハさんは、このホテルのオーナーのお嬢さんです。

インペリアルホテル



鉄道

オムレツ

インペリアルのカフェ

ザルツブルクとウィーンを結ぶ鉄道

 ロッテがルイーゼになりすまして乗った列車はおそらくこの列車だと思います
ウィーンのオムレツ

 ルイーゼが大好き、ロッテは大の苦手のオムレツ。
インペリアルのレストランに入って、オムレツひとつを頼む勇気がなかったため、老舗カフェシュペルルで注文。
日本のオムレツとは大して違いません(笑)
インペリアルホテル内のカフェ

 名物は、インペリアルトルテとマリアテレジア。
レストランは、敷居が高く入りにくいですがカフェなら気軽に立寄るとことができます。

※マリアテレジアとは、オレンジリキュールが入ったコーヒーです。アルコールはかなり強め。


ドイツ編へ≫


《劇場街トップページへ》 《舞台・ミュージカルの旅一覧へ》