劇場街トップへ
ミス・サイゴン   〜 Miss Sigon 〜
 Main  舞台CD  関連CD  Travel  Event 
bar

泥から咲く花


 ホーチミン紀行 ■

  ホーチミンを旅したのは、ミュージカル『ミス・サイゴン』を観る前でした。
また、デジタルカメラも持っていない頃であるため。文章のみで失礼します。

 ホーチミン市を旅したのは、まだビザが必要だった2003年。
建築ラッシュが始まった頃で、ホテルの窓からみた町には、建築中の建物が無数に見えました。
もう、大きく姿を変えてしまっていることでしょう。

 ベトナム戦争跡を色濃く残す  
 ホーチミンを車で数十分いくと、見渡す限りの草原。
しかし、戦争前までは、うっそうと生い茂るジャングルだったと想像できるでしょうか?
戦争で戦争により撒かれた枯葉剤により、多年草の生えることのない草原となってしまいました。
しばらく行くと、クチトンネル。
ゲリラ戦で、夜は畑を耕し、昼は戦争のため地下にトンネルを掘って戦ったという場所を見学することが出来ます。
観光のため、トンネルは大きくされたということですが、人が通るにギリギリの大きさ。
大変蒸し暑く、戦争跡ということで気分を悪くする人も多いようです。
(見学途中でも抜け出せるようにあちこちに出口が設けられています)

 町を歩くと、戦争で手足を失った人、枯葉剤の影響と思われるハンディキャップを持った多くの子供達に出会います。



 バンコク紀行 ■

 キムが、ベトナムを捨てて向った先はバンコク。パッポン通り
キムが働いていたであろう場所を垣間見てきました。

 外国人向けのバンコク一の繁華街は、パッポン通りというところです。
キムが働いていたようなゴーゴーバーが現在でも立ち並んでいます。
(現在もそのままの姿を留めていることに、驚きました。)
この通りは、ナイトマーケットになっていて、お土産品、Tシャツ、偽ブランド品の屋台が軒を連ねています。
また、有名レストランやリボンバッグで有名なナラヤも近辺にあるため女性の結構歩いています。

 ゴーゴーバーとは 
 1階のお店はドアを開けているので、通りから中の様子を伺うことができます。
下着を着た女性が、ポールにつかまって踊っています。
お客はそれを見ながらお酒を飲み、お店の女性が客にお酒をおねだりするシステム。
お店によっては、女性は番号を下げた札を下げています。
番号を付けている理由は、ご想像の通りかと思います。

 パッポン通りを歩いていると、たくさんのポン引きに声を掛けられます。
女性が歩いていても、これだけ声を掛けられるのですから、男性は道行くのも大変でしょう。
しかし、『ミス・サイゴン』を観た後ですと、彼等客引きにも愛着が。
(絶対ついていっちゃダメですよ。客引きしているようなお店は危険!!)



《劇場街トップページへ》