劇場街 『サウンド・オブ・ミュージック』関連書籍
劇場街トップへ
サウンド・オブ・ミュージック
 Main  舞台CD  関連CD  DVD  Book  Travel 
bar

 関連書籍 



サウンド・オブ・ミュージック  − 文渓堂 −


 
 書籍情報
 
 自伝(ミュージカルの原作)
 出版 : 1997/11  ハードカバー
 著者  
  マリア・フォン・トラップ    訳 : 谷口由美子
 
  ミュージカルの元になったマリア・フォン・トラップの手記。意外にもこの本がはじめての完訳。
 物語はマリアがトラップ家の家庭教師になるところから、ザルツブルクを旅たつところまで。
 ちょうど、ミュージカルになっている部分です。
 字が大きくて、ふりがなが振ってあります(汗)小学中学年ぐらいから読めるでしょうか。
 もちろん、大人でも読み応えがある内容になっています。



サウンド・オブ・ミュージック アメリカ編 − 文渓堂 −


 
 書籍情報
 
 自伝
 出版 : 1998/12  ハードカバー
 著者  
  マリア・フォン・トラップ    訳 : 谷口由美子
 
  上で紹介している本の続きです。
 物語は一家がアメリカに渡ってから、トラップファミリー合唱団が家族ではなく、
 あらたな人々のメンバーが加わって、世界で公演するようになるまで。
 初めての文化も言葉も違う国で巻き起こす、おもしろい騒動や、感動のエピソードがいっぱい。
 オススメです。


わたしのサウンド・オブ・ミュージック − 東洋書林 −


 
 書籍情報
 
 自伝
 出版 : 2004/12  ハードカバー
 著者  
  アガーテ・フォン・トラップ    訳 : 谷口由美子
 
  トラップ家の長女アガーテが書いたトラップ一家の自伝です。
 マリアが書かなかった、アガーテの生みの母親のこと、マリアがやってくる以前の様子。
 トラップ大佐がなくなってからの一家の様子が書かれています。
 トラップ大佐と子ども達との冒険の数々は、キラキラした思い出がイキイキと描かれています。
 驚くべきことは、母親や祖母、アガーテ自身がかつてすごした家々。
 大きな城やマリア・テレジアの別邸とか、夢のような大邸宅。




『サウンド・オブ・ミュージック』の秘密 − 平凡社新書 −


 
 書籍情報
 

 出版 : 2014/12  新書
 著者  
  瀬川裕司
 
  映画『サウンド・オブ・ミュージック』の各シーン、出演者の細かい考察が書かれています。
 映画内の矛盾点や不思議な点は、なるほどと思わせられます。
 ロケ地の行き方についても細かく書かれています。
  あえて言うなら、映画のシーンを細かく描写している記述があるのですが、「観たから分かってるよ」と言いたくなるのが、ちょっと・・・
 また、マリアの生い立ちがこのシーンに込められているなどの解説もありますが、
 監督は撮影の際、史実と映画の乖離にとらわれたくないと原作も読んでいなかったそうなので、その点は違うかなと思いました。



《劇場街トップページへ》 《ミュージカル一覧へ》 《書籍一覧へ》