劇場街トップへレ・ミゼラブル
 Main  CD  Book  DVD  Travel  Event  etc 
bar
第一部〜第二部 第三部 第四部 第五部 番外編 地図と旅の手帳  


         ジャン・バルジャンの
                世界を追う

物語順に写真を並べました。
観光した順になっていません。

 第一部(ファンティーヌ) 〜 第二部(コゼット)



  
 

ツーロン(TOULON)

 ツーロン市役所の施工している際、人像柱が倒れてきた。ジャン・バルジャンは、一人でその人像柱を支えた。

 ツーロン市役所ちゃんと実在しています。
私はツーロンにいっていないので、道路標識と観光看板(エクス・アン・プロヴァンスでみかけたプロバンス地方の観光看板)を届けします。
ツーロンに行くツアーはありません。個人旅行で行って下さい。


  

オピタル街

 幼いコゼットを連れたバルジャンは、オピタル街のパリ中心から離れた寂しい一角にあるゴルボー屋敷に住んだ。

とても広く長い通りです。ゴルボー屋敷は左手にあったようです。
オピタル街の看板
 
 

オピタル街 
 

サン・メダール教会
 
 

サン・メダール教会

 バルジャンはいつもサン・メダール教会の井戸に座っている会堂守に施しをしていた。ある日その会堂守の姿がジャベールに見えた。

 小さな教会です。中に入ることは出来ません。
井戸は見つかりませんでした。
教会の前には市が出ていました。

オステルリッツ橋

 ジャベールに追われたバルジャンは、幼いコゼットの手引いて荷車に隠れて橋を渡った。
振り返ると、三人の男の影が立っていた。

 挿絵と同じになるように写真を撮ろうと試みたのですが、脚立に乗らないと無理みたいです。
 
 

オステルリッツ橋
 
 


 
 

トゥルヌフォール通りとロモン通りの交差点

 ジャベール等に追われたバルジャンは、Y字に差し掛かった。

 『レ・ミゼラブル百六景』によると、原型『レ・ミゼール』は、ちょうどこのY字だったそうです。
ユゴーが『レ・ミゼラブル』に書き換えた際、ここの地図を裏返し、道の名前を架空のものにしています。
つまり、『レ・ミゼラブル』では、右の道を進んだことになっていますが、写真で言うと左の道を進んだことになります。ややこしい(笑)
こちらにレ・ミゼラブルのバルジャンの足取りをまとめましたので、ご参照下さい。
 ゴリオ爺さんの住んでいたのもちょうどここです。
現在は、おしゃれなレストランがあります。

トゥルヌフォール通り(Rue Tournefort)

 左手の道(写真では右手)の先には、人影が見えた。

道の旧名は、ヌーヴ=サント=ジュヌヴィエーヴ通り。
『レ・ミゼラブル』の小説上では、ポスト通りピクピュス小路。
石畳の上り坂。自転車のお兄さんも大変そう。


tournefort街
 
 

ロモン街
 
 

ロモン通り(Rue Lhomond)

 バルジャンはY字の右手の道を進んだ。
道を進むとT字路にあたり、右は行き止まり。
左は、人影がいた。

道の旧名は、ポスト通り。
小説上は、ポロンソ通りになっています。

ロモン街の看板

ポ・ド・フェール通り(Rue du pot de fer)

 行く手を失ったバルジャンは、塀をよじ登った。
そこは、プチ・ピュクピス修道院だった。

写真はトゥルヌフォール通り側から撮影しています。
修道院は左手にあったことになります

 

モンパルナス墓地

ヴォジラール墓地

 バルジャンは修道院を抜け出すために、死体と入れ替わって、棺桶に入り、ヴォージラール墓地に埋められた。

ヴォージラール墓地は廃止され現在はありません。
モンパルナス墓地に併合されました。
写真は、モンパルナス墓地です。


第三部へ≫


《劇場街トップページへ》