劇場街トップへ
アンデルセン 〜 HANS CHRISTIAN ANDERSEN 〜
 Main  Book  DVD  Travel 
bar
オーデンセ
コペンハーゲン
コペンハーゲン2 物語に登場する場所
旅のヒント

旅することは生きること


アンデルセンの生家

 アンデルセンの生家とされている建物。玄関には『H.C.Andersen』のプレートが掛かっています。壁が全面黄色で塗られていますが、木組みの家 です。
アンデルセン生家
生家
家の中

アンデルセン生 家の内部

 生家と呼ばれていますが、実際にアンデルセンがどこで誕生したのかは、わかっていません。
しかし、アンデルセン一家がここで生活したのは事実です。

アンデルセン の父親の仕事部屋

 父親の仕事部屋が再現されています。
アンデルセンは、1部屋で家族全員生活していたといわれています。
5、6畳程度しかありません。
アンデルセンの生家
父親の仕事机
父親の仕事机

 ミュージカルでは、ハンスが靴屋ですが、
実際は、ハンスが靴屋だったわけではなく、父親が靴屋でした。
一説には本当の父親ではないと言われていますが、
アンデルセンの自伝によると、おもちゃを作ってくれたりとかわいがってくれていたようです。

聖ハンス教会

 アンデルセンが洗礼を受けた教会。
アンデルセンが生まれたとされる家は、
この教会区ではないため、アンデルセン誕生のミステリーのひとつになっています。

聖ハンス教会
アンデルセン子供時代の家 アンデルセン子供時代の家

 アンデルセンが住んでいたのは、手前半分の部分です。
2才から14才までここに住んでいました。
周りは近代的なビルなのですが、ここの一角はこのような長屋が続いています。

慈善学校

 木組みで歪んでいるこの建物は、貧民学校です。
ここでアンデルセンは友達になじむことができませんでした。
ユダヤ人学校にもかよっていたようです。
アンデルセン作品の中にも、ユダヤ人の少女の物語がでてきますが、
この時の経験が生んだ物語でしょう。
貧民学校
オーデンセ城
オーデンセ城

 アンデルセンの母はここで働いており、アンデルセンも連れて行ってもらったといわれています。内気なアンデルセンが最も仲良 かったのが、ここにいた王子だったといわれています。
アンデルセン王子様説の理由となっている一つ。
つまり、下働きの子供と王子が遊ぶはずがない。
王家の血筋だったのではないかということです。
また、洗礼を受けた聖ハンス教会はお城と隣り合っており、当然お城はその教会区内です。

オーデンセ刑務所

アンデルセンの祖母が働いていて、
ここでアンデルセンは囚人と食事したことがあったという。
刑務所のプレート
オーデンセ刑務所
聖クヌート教会
聖クヌート教会

 アンデルセンが堅信礼を受けた教会。
堅信礼は、日本の七五三にあたるとされています。
この時にもらった靴から、『赤い靴』の物語がうまれたとい
われています。
アンデルセンは靴屋の息子だったのに、この時もらった靴は特別だったのでしょうね。
H.C.アンデルセン公園

 聖クヌート教会の隣にH.C.アンデルセン公園があります。
緑が豊かで美しい公園です。
その中を小川がが流れています。
 アンデルセンの母が洗濯していた川です。
アンデルセンの母親は無学で文盲でした。
アンデルセンを溺愛し、学校に上がるときには、「うちの子をぶたないでほしい」と頼みに行ったほどでした。
息子が友達と遊びもせずに家の中で人形の服を塗っていても、将来仕立て屋になれると喜んでいたほどでした。

H.C.アンデルセン公園
オーデンセ市庁舎
オーデンセ市庁舎

 アンデルセンは、ここで名誉市民に選ばれました。
観光案内所も隣接していて、
ここでアンデルセンに纏わるリーフレットや地図をもらえます。

アンデルセンの信号機

 信号機までアンデルセンの形をしています!
オーデンセ全ての信号機がアンデルセンの形をしているわけではありません。
写真はアンデルセン博物館近くの信号機です。

信号機


ここから少しアンデ ルセンに纏わる像を巡ってみましょう。
オーデンセには、アンデルセン童話に纏わる像が各所に設置されています。
私は全部まわりきれなかったので、一部だけご紹介します。


アンデルセン像 聖クヌート教会のアンデルセン像

聖クヌート教会の裏手にアンデルセン像が建っています。

緑の芝生と教会を背にしています。
アンデルセンはおだやかな表情をしています。
片手には本を握っています。
アンデルセン像
空飛ぶトランク
空飛ぶトランク

町の繁華街に空飛ぶトランクの像があります。

しっかり者のすずの兵隊

 アンデルセンも学生兵だったそうです。
平民で下士官にまでなったのはアンデルセンだけだったそうですが、
なぜかアンデルセンはそのことを語ることはありませんでした。
自伝でもそのことについては触れていません。

この物語のなかで兵隊は踊り子に恋をして失恋していまいます。
ミュージカルはこの物語に近いですね。

片足の錫の兵隊
折り紙の船
折り紙の船

 錫の兵隊さんが乗せられて流されてしまった
折り紙の船です。
この折り紙の船、日本だけじゃないんですね。
アンデルセンの像

アンデルセンの物語の影法師などい登場するアンデルセン自身の姿を像にしたものだそうです。
アンデルセンの像
アンデルセンの像
アンデルセンの像をよく見ると

よく見ると小さな像がたくさん乗っています。
『雪の女王』、白鳥、踊り子でしょうか。



《劇場街 トップページへ》 《舞台の旅一覧へ》