劇場街トップへ
キャッツ   〜 CATS 〜
 Main  CD  Book  DVD  Travel  Event 
bar


 ロンドン生まれのミュージカル。日本では劇団四季が上演。

劇団四季の作品の中でも、特に人気がある作品です。

人間社会を猫の姿で、風刺しています。

子供から大人まで楽しめる作品。

bar


 舞台形式     : 台詞も歌で進行する

 ダンス       : 多い

 オーケストラ   : 録音

 もっとも有名な曲 : 『メモリー』
              
 物語の舞台    : ごみ捨て場

 見どころ : 舞台上だけではなく、劇場中で繰り広がられる猫達の演技やダンスは、一回では見切れません。
        そのため、キャッツではリピーターが多い作品となっています。

 ここに注目 : 劇場にある巨大なごみですが、その中に雑誌もあり、
         ちゃんと記事が書かれていてページをめくって読むことができるものも。


barあらすじbar

 

 物語全ての内容を書いているわけではありませんが、
ストーリー全てを舞台で楽しみたい方は、ご注意下さい。

 

 年に一度猫の舞踏会が開かれる。

舞踏会では、永遠の命を与えられる一匹の猫『ジェルクル・キャッツ』が選ばれる。

あまのじゃくなツッパリ猫『ラン・タム・タガー』、

舞台俳優だった年寄りの劇場猫『アスパラガス』、

昔は美しい娼婦だったが、現在はみんなからのけ者にされている『グリザベラ』、

夜行列車に乗り込み、取り仕切っている猫『スキンブル・シャンクス』、

次々に集まる猫たち。

 『ジェリクル・キャッツ』に選ばれるのはいったい誰か?



barジェリクル・キャッツの紹介bar

■ マンカストラップ(通称:マンカス)
  白とグレーの猫で、髪の毛も縞模様で立っている。舞台の進行役。

■ ジェニエニドッツ(通称:ジェニ)
  一番最初に紹介されるおばさん猫。
 昼は、ぶくぶくと太った毛皮をまとっているけど、夜は大変身。毛足の長いオレンジ色の猫。
 見どころは、ゴキブリたちとのタップダンス。

■ ラン・タム・タガー(通称:タガー)
  昔はプレスリー風の白い猫だったが、現在はミック・ジャガー風の黒のトラ柄。
 メス猫に大人気。おそらく、人間の女性にも一番人気。
 客席から女性を一人連れ去ります。

■ ミスト・フェリーズ(通称:ミスト)
  黒い燕尾服を着たようなオスの子猫で、マジシャン。
 高度なバレエ・テクニックが見どころ。片足を上げてクルクル回るが、いかに軸足が動かないかがポイント。

■ スキンブル・シャンクス(通称:スキンブル)
  夜行列車を仕切っている猫。黒いベストを着て、手には懐中時計を持っている。
 スキンブル・シャンクスのナンバーは、一番楽しく客席も一番盛り上がります。
 鉄道オタクのイメージとは裏腹に、演じている俳優さんはみんな二枚目の正統派俳優。

■ オールド・デュトロノミー
  みんなの尊敬をあつめる長老猫。毛並みはけっこうぼろぼろ。
 歌声は、猫でなくても聞きほれてしまうところ。
 かつては、幕間にサインをしてくれたけど、今は客席の混乱を避けるためしてくれないです。

■ マンゴジェリー&ランペルティーザ(通称:マンゴ&ランペル)
  コソ泥カップル。ランプティーザが首にしているのはネックレスではなく、おそらく人間様のブレスレット。
 アクロバット的なダンスが見どころ。

■ マキャビティー(通称:マキャ)
  悪の帝王猫。その正体は謎。仮面をかぶってマントを羽織っています。

■ アスパラガス(劇中劇ではグロールタイガー)(通称:ガス)
  かつては名優だった(自称)年老いた猫。
 年老いてよたよたしていますが、舞台の幕が上がると別人に。海賊の親分を演じています。

■ ジェリーロラム(劇中劇ではグリドルボーン)(通常:ジェリー)
  年老いたアスパラガスを気遣うやさしい女の子。
 やはり幕が上がると大変身して、真っ白い妖艶な猫に。
 グリドルボーンの第一声に注目。

■ グリザベラ
  若かりしころは売れっ子の娼婦だったが、現在はぼろのコートを着て、盛り場をうろつく年老いた猫。
 今では、猫たちから蔑まされている。 名曲中の名曲『メモリー』を歌うのは彼女。

■ バストファジョーンズ
  政界の大物で太った猫。黒いバラ模様が特徴。
 客席に1本のお花を投げる。

■ シラバブ
  生まれたばかりのクリーム色の子猫。シラバブ自身の曲はないのでちょっと覚えにくい。
 クライマックスでは、最も重要な役割を果たします。
 他作品のヒロイン役の女優さんが演じていることが多い。澄んだソプラノ。

bar小道具のいろいろbar

人間のものが猫の世界では、とんでもないことに使われていたりします。
この辺りをチェックするのも楽しいですね。


■ シルクハット
 バストファジョーンズが演説を打つ台座になっています。シルクハットには引き出しが付いていて、階段になります。

■ スプーン
 バストファジョーンズのステッキであり、ゴルフのクラブであり、体重計の針でもあります。

■ 魚用ナイフ
 シャム猫軍団が持っている刀は、よくみると食事用のナイフ。

■ 中華なべ
 猫たちがかぶってゴキブリになっています。
 手には、コップを洗うスポンジやらなにやらいろいろ持ってます。

■ ブレスレット
 ランペルティーザがネックレスにしているのは、たぶん人間のブレスレット。

■ スキンブルシャンクスの汽車を解体
 ・ やかん : 煙突
 ・ くまで : 汽車の前のスカート部分
 ・ 懐中電灯 : ヘッドライト
 ・ 浮き輪、ハンドル : 車輪
 ・ 腰掛 : 運転室の屋根
 ・ 額縁 : 運転室の窓
 ・ 四角い銀のトレイ : 車掌室のドア
 ・ 自転車の空気入れ : 車輪と車輪をつなぐ軸(なんていう部分でしょう?)

bar関連舞台作品bar


 作曲家が同じ作品
 ・ オペラ座の怪人
 ・ エビータ
 ・ ジーザス・クライスト=スーパースター
 ・ アスペクツ・オブ・ラブ
 ・ ヨセフと不思議なテクニカラーのドリームコート
 ・ ウーマン・イン・ホワイト
 ・ サンセット大通り
 ・ ラヴ・ネバー・ダイ
 ・ 天才執事ジーヴス
 ・ スターライト・エクスプレス


 同じように人間社会を動物の世界に置き換えた作品
 ・ ライオンキング

 猫が主役の作品
 ・ 人間になりたがった猫


《劇場街トップページへ》 《ミュージカル一覧へ》