〜 古城めぐり 〜





アマリエンボー宮殿

アマリエンボー宮殿
 
マリエンボー宮殿は、現在でもデンマーク女王がお住まいになっている宮殿です。
広場を囲むように4つの同じ建物が並んでいます。
クリスチャンボー城が焼失した際、貴族たちから買い上げた宮殿でそれが現在までも使われています。
上の写真は複数の写真を合成したものです。
運河を背にしてフレデリクス教会を真正面に観た状態です。

フレデリクス8世王宮殿
フレデリクス8世王宮殿

 こちらが実際の女王陛下お住まいのた建物。
上記パノラマ写真では、一番右の建物です。
すごいのが、塀もなにもなく一般車も宮殿の真ん前まで乗り付けられることです。

クリスチャン8世王宮
クリスチャン8世王宮殿

 こちらは、宝物館があり一般公開されています。
宝物館をみるなら、ローゼンボー離宮の方が価値があるといわれています。
パノラマ写真右から4番目

クリスチャン7世王宮
クリスチャン7世王宮殿

 パノラマ写真右から3番目。
他の宮殿より白いですが、おそらく化粧直しした後なのでしょう。
クリスチャン9世宮殿
クリスチャン9世王宮殿

 パノラマ写真右から4番目。
とくにコメントなし。
衛兵
アマリエンボー宮殿の衛兵は、熊の毛皮の帽子を 被っていて、イギリスの衛兵と似ています。
こちらでも衛兵交代式が行われていて、見学するとができます。






ローゼンボー城

ローゼンボー離宮

コペンハーゲンにある宮殿です。
比較的小規模ですが、観る価値のあるお城です。

バッグ類は持ち込めません。
コインロッカーに預ける必要があります。
お弁当を入れるサイズのバッグはギリギリOKをいただきました。
内部を写真撮影するには、別途料金が必要です。
チケット売り場で、カメラ撮影料金を払うとシールを頂けます。
ローゼンボー城の鏡の間
ローゼンボー城にも鏡の間があります。
おそらく現在タペストリーが掛かっているところは、
鏡張りだったのでしょう。

宝物館
必見は地下の宝物館です。
入り口は宮殿内の見学とは別にあります。

王冠
 デンマーク王の王冠や宝剣も見ることができま す。
こちらは、デンマーク統一後の王冠。
王冠上部が内側に閉じる形になっています。
統一前は、開いた形になっています。
ローゼンボー公園
ローゼンボー城前には大きな公園が広がっていま す。
「バラの宮殿」の名にふさわしくバラが美しいです。
芝生の上で寝ている人、
クリスビーなどのゲームに興じる人、
ベビーカーを押して散歩する人。






クリスチャンボー城

クリスチャンボー城         

 クリスチャンボーのボーには、「城」の意味があるそうです。
演劇博物館などが併設されています。
クリスチャンボー城の裏側
 裏門から見た様子です。
駐車場になってますね。




オーデンセ城

オーデンセ城         

 フュン島中央に位置するオーデンセの城。
18世紀フレデリック4世によって建てられました。
オーデンセ駅のすぐ近くです。
驚くべきことに、塀も垣根もありません。
オーデンセ城
 地球の歩き方にまったく紹介すらされていないこ の宮殿。
アンデルセンの生家以下の扱いですwww
内部見学ツアーもあるようです





クロンボー城

クロンボー城

 ヘルオンシアにある世界遺産の城です。
シェイクスピアの『ハムレット』の舞台として有名で、
劇中ではエルノシア城と呼ばれています。
また、アンデルセン童話にも登場します。
クロンボー城
 屋上に登ることもできます。
海の向こうには、スウェーデンが見えます。
もともと、この海峡を渡る船を徴税するために作られた城です。

クロンボー城の中庭
 クロンボー城の中庭。
中央に井戸があり。

地下牢
 地下牢めぐりもあります。
フラッシュをたいているので、明るいですが、
実際は真っ暗でところどころにある
ランプの明かりしか見えません。

地下牢
こんな感じです。
これでもランプがいっぱいある方です。
もっと暗いところは、何を撮影したのかわからない状態です。







  

《劇場街トップページへ》 《ミュージカル・演劇の一覧へ》
無断での写真および文章の転載禁止 リンクフリー(写真の直接リンクは禁止)
©2006 みっちょん