〜 古城めぐり 〜






アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿

 イスラム教徒の王が立てた宮殿は、
他のヨーロッパのお城とは全く違います。

夜のアルハンブラ宮殿
夜は、ライトアップされます。
向かい側の丘から撮影しました。

アルハンブラ宮殿
 砂漠からやってきたというイスラムの王は、
水に満ちた天国を再現しようとしたといわれています。
グラナダの背後には雪山があり、そこから絶えることなく水が供給されるということです。
ここは各国の遣使に謁見した場所だそうです。

嫉妬の窓
 上記の中庭に面して、嫉妬の窓と呼ばれるものがあります。遣使たちを寵姫たちが眺めていたのではないかとされています。外から寵姫の姿は見えないようになっています。
そしてイスラム建築といえばこの見事な装飾。
窓を囲むのはアラーをたたえる言葉だそうです。
ライオンの噴水がある中庭
 ライオンの噴水がある中庭。
かわいらしいライオンです。
ここは後宮だったといわれています。
ライオンから口が水がでて、地面を流れています。

天井
 鍾乳洞を模した天井です。
l正妻の天井装飾が圧巻。
ちょっとごちゃごちゃしすぎ。
中庭
宮殿の中庭。
やっぱり噴水がありますね。







アルハンブラ宮殿の噴水

ヘネラリーフェ 離宮         

 アルハンブラ宮殿と谷を一つ隔てた場所に離宮があります。
こちらも噴水が美しいです。


ヘネラリーフェの庭園
 たいへん広い庭園があります。
私が行ったのは、9月ですが緑が美しい。

建物
 宮殿から眺めは最高です。
世界遺産の旧市街やアルハンブラ宮殿を一望できます。
このページの一番上のアルハンブラ宮殿もヘナリーフェから撮影したものです。

グラナダの街並み
 こちらが、宮殿から眺めたグラナダ市街。
白い町が美しい。





カルロス5世宮

カルロス5世宮         

 アルハンブラ宮殿のすぐ隣にあります。
ルネサンス様式。
アルハンブラ宮殿よりずっと後の建物です。
カルロス5世宮
 外からみると真四角。
中に入ると、円形。
未完成の宮殿だそうです。
内部は美術館になっているそうです。
ツアーで時間がなかったため見ることができませんでしたが、個人出来たら、アルハンブラ宮殿を含めて、丸一日掛けてゆっくり見学したいです。








マドリッド

マドリッドの王宮         

 スペインには現在も王室がありますが、
現在こちらの王宮には住んではいらっしゃいません。
現在は、迎賓館として使われています。
そのテーブルセッティングの様子なのどもそのまま見学することができます。

大階段
 大階段を上っていくと、少しずつ天井がが見えてきます。
お姫様気分が味わえますwww
内部の撮影ができるのは、ここまで。

王宮の中庭
 王宮の中庭。
噴水もなにもないんですね。
様々な催しができそうです。






セビリアのアルカサル

セビリアの王宮         

 セビリアのアルカサルは、緑に囲まれています。
この写真は、大聖堂の塔から撮影したものです。
時間がなくて、内部見学ができませんでした。
世界遺産。






コルドバのアルカサル

コルドバの王宮         

 こちらも世界遺産ですが、
やはり時間がなくて内部見学できませんでした。







コンスエグラ城

コンスエグラ城         

 ラ・マンチャ地方の荒涼とした大地の丘の上にある城塞です。
イスラム時代のもので、ドン・キホーテの風車といっしょになっているため、観光地になっています。
内部にも入れるそうですが、時間がなかったため見学はできませんでした。







カルモナ

カルモナ         

 セルビアから30キロ。
ペドロ1世の居城が廃墟となり、19世紀に復元したものです。
現在はパラドール(国営の高級ホテル)となっていて、
宿泊が可能です。







スペインの古城

名前不明         

 バレンシア。
丘の上にある古城。
塔の上にバレンシアの旗が下げられています。
雨のため、画像が悪いのはご容赦を。




バレンシアの古城

名前不明         

 バルセロナからバレンシアに向かう途中高速から見えた古城です。丘の上に建っていて、かなり大きな城でした。
麓には小さな町がありました。




バレンシアの城

名前不明         

 麓にはオリーブ畑が広がっています。
丘の上に廃墟となった城塞があります。








アンダルシアの古城

名前不明         

 アンダルシアの城壁に囲まれた建物。
城ではなくて修道院かもしれません。



  

《劇場街トップページへ》 《ミュージカル・演劇の一覧へ》
無断での写真および文章の転載禁止 リンクフリー(写真の直接リンクは禁止)
©2006 みっちょん