劇場街トップへモーツァルト!
 Main  CD  DVD  Book  Travel  Event 
bar
ザルツブルク ウィーン ザンクト・ギルゲン フランス イタリア ヴァチカン イギリス ドイツ
地図と旅の手帳  

モーツァルトの調べに乗って
ザルツブルク 
       

 

ザルツブルク

 ザルツブルク旧市街地

 メンヒスブルクの丘からの眺め。
舞台の背景に映し出される風景です。
丘の上に建っているのは、ホーエンザルツブルク城。

 上のタイトルの画像は、満月に照らせ出されるホーエンザルツブルク城です。

  大学跡地
 
  フルトヴェングラー公園。
父レオポルドが通ったベネディクト派の大学があった場所です。
大学講堂では、5歳のヴォルフガングが劇に出演しました。
ちょうど、モーツァルトが初めて作曲したころです。

大学跡

モーツァルトの生家

モーツァルトの生家

 1756年1月27日ザルツブルク、ゲトライデ通りでヴォルフガングは生まれました。
生家には、台所が再現され、生まれた初めて使ったヴァイオリンやグラーヴィア、実質の手紙、楽譜(コピー)が展示されています。
モーツァルト一家が住んでいた様子を再現したというよりは、
博物館のような作りになっています。
(ちょっと残念)

内部は撮影不可。

ゲトライデ通り

 モーツァルトの生家がある通り。
レトロな看板があることで有名です。
舞台では、ナンネールの買い物のシーンの背景に用いられています。

ゲトライデ通り

 舞台背景に出てくる看板

 舞台の背景は現在の写真を用いて描いたようです。
舞台背景で分かりやすいのが、上の写真。
右側にある男女が並んでいる看板。
そして、左側の写真・・・・マクドナルドの看板です。
このマクドナルドの看板有名ですので、
知らずに舞台背景に使っているのではなく、確信犯の可能性があります。

モーツァルトの住居

 17歳のころは、こちらの家に住んでいたので、
ミュージカルの赤い服を買ってくるシーンはこちらの家が舞台です。
生家と同じく中は博物館になっています。
直ぐ近くにカラヤンの家があります。
内部撮影不可。

住居

大聖堂

大聖堂

 レオポルドが勤めていた大聖堂。
ミサ中は、観光客は入れてもらえないのでご注意を。
ミサ中は、ドアの前に看板が出ているのでわかります。
驚くほど下手な日本語で「ミサ中入場禁止」と書かれています。

洗礼盤(大聖堂内)

 大聖堂内にあります。入ってすぐ左手にあります。
生まれてまもなくヴォルフガングはここで洗礼を受けました。
ヴォルフガングの洗礼名テオフィロスは、洗礼盤を支える獅子から取ったものです。

洗礼盤

モーツァルトのオルガン

 モーツァルトが弾いたパイプオルガン

 大聖堂の祭壇に向かって右手側のオルガンが、モーツァルトの弾いたオルガンです。
モーツァルトはこの大聖堂のためにミサ曲を作りました。
そのとき、コロレドは、演奏時間など細かい指示をしたということです。
この時のミサ曲は、毎年正月に大聖堂内で演奏されます。
演奏会は、教会でよく開催されています。

パイプオルガン(大聖堂内)

 モーツァルトのオルガンに続いて見逃せないのが、大聖堂入り口の上にある大きなパイプオルガン。パイプの数は、6000本。
ヨーロッパ最大のパイプオルガンといわれていますが・・・
旅をしていてヨーロッパ一大きなオルガン、世界で一番大きなオルガンというものに、幾度か出会いました。
何をもって一番とするかによって違うのかもしれません。

パイプオルガン

モーツァルト像

ザルツブルクのモーツァルト像

 モーツァルト広場のモーツァルト像。
開幕式には、ヴォルフガングの二人の息子が立ち会いました。
この広場に、再婚後のコンスタンツェが住んでいました。


レジデンツ(大司教館)

 レジデンツ内で6歳のヴォルフガングが初めて人前で演奏し、モーツァルトの名前を一躍有名にした場所です。
後にモーツァルトは、コロレから蹴り出されるわけですが・・・。

レジデンツ

騎士の間

レジデンツ 騎士の間

 幼いヴォルフガングが演奏した騎士の間。
 レジデンツ カラビニーリの間

 オペラ『みてくれの馬鹿娘』『シピオーネの夢』が初演された。
しかし、大司教の御前で上演された作品が『馬鹿娘』とは・・・・。

カラビニーリの間

レジデンツ

モーツァルトとコロレドが合奏した部屋

 コロレドとヴォルフガングが合奏した部屋。
コロレドがピアノを、ヴォルフガングがバイオリンを演奏したということです。部屋の中にコロレドの肖像が飾られています。
コロレドはピアノが弾けるのですね。
そういえば舞台でも楽譜読んでましたね。
 コロレド大司教の肖像画

 レジデンツに歴代の大司教の肖像画が飾られています。
コロレドの肖像は、何枚かあります。
この肖像画は、ちょっと奥まったところにありました。
(2007年時)

 2015年に再度訪れたところ、この肖像画は目立つ場所に移動となっていました。

コロレドの肖像画

ミラベル宮殿

ミラベル宮殿

 モーツァルトの演奏会がたびたび開かれたという宮殿です。
庭園は、映画サウンド・オブ・ミュージックに出てくる場所です。
カフェ・トマゼリ

 1705年創業のカフェ。
ヴォルフガングが生まれる前からあるカフェです。
ヴォルフガングも来たと言われています。

 ニッセンと再婚したコンスタンツェは、この建物内に住んでいました。
カフェ・トマゼリ
カフェ・トマゼリ内部
カフェ・トマゼリの内部

観光客や現地の人でにぎわっていました。
2階まであり、中は結構広い。
どこまで当時の姿を留めているのかは、分かりません。

モーツァルテウム

 モーツァルト研究の総本山。
私は入りませんでしたが、中を見学することもできます。

モーツァルテリウム

魔笛の小屋

 魔笛の小屋・・・の裏

 モーツァルトが魔笛を作曲しているシーンの背景に登場します。
モーツァルトテウムの裏庭にあります。
ウィーンから移築されたものです。
夏季のモーツァルトテリウムでコンサートが開かれる時のみ見学が可能とのことです。(2015年時点の情報)
ザンクト・セバスチャン教会

 モーツァルト家縁の人物の墓がある教会。
(ナンネールはお嫁に行ったためか、別の教会)
こちらは、観光客の姿は少なかったです。
ザンクト・セバスチャン教会
レオポルドとコンスタンツェの墓
ザンクト・セバスチャン教会の墓地

 教会裏手の墓地。
レオポルドとコンスタンツェが同じ墓地に入っていることは知っていましたが、まさかの一つのお墓です。

レオポルド・モーツァルトの墓石

 1719.11.14 アスグスブルク生まれ、1787.5.28没と刻まれています。

 レオポルドの下にあるEUPHROSINA PERTLがあります。
PERTLは、モーツァルトの母親の旧姓ですので、ヴォルフガングの祖母でしょうか?

レオポルドのお墓
コンスタンツェのお墓
コンスタンツェの墓石

 なんで、コンスタンツェが中央??
コンスタンツェは、確実にここに眠っているそうです。
左右の墓石は後年付け加えられたのかもしれません。
コンスタンツェの2番目の夫ニッセンも、一緒に埋葬されているそうですが、墓石に名前はありません。

コンスタンツェ・フォン・ニッセン、モーツァルト未亡人。旧姓ウェバー1763.1.6生まれ、1842.3.6没。



向かって左側の墓石

 JEANNETTE BERCHITHOLDは、ナンネールの娘。

 GENOVEFA WEBERは、コンスタンツェの祖母。つまり、作曲家カール・マリア・フォン・ウェバーの母。
ナンネールの娘の墓石
ナンネールの墓
ナンネールのお墓

 ザンクト・ペーターのカタコンベ(納骨堂)の入り口にナンネールの墓があります。
カタコンベは、入場料が掛かるのですが、ナンネールのお墓だけでしたら、お金を払わなくても、みることができます。
カタコンベといっても、地下ではなく、崖の縁で現在は遺骨もありません。綺麗な眺めを見ることができます
サウンド・オブ・ミュージックでトラップ一家が墓に隠れるシーンがありますが、このザンクト・ペーターの墓地をモデルにしているそうです。

ナンネールの墓石

 上に記述されている名前が、ナンネールことマリア・アンナ。

 下の名前は、ヨハン・ミヒャエル・ハイドンです。ハイドンは兄弟で作曲家で、一般的に「ハイドン」というと兄のフランツ・ヨーゼフ・ハイドンのことを指すことが多いです
コンスタンツェの叔父ウェバーは、ヨハン・ミヒャエル・ハイドンの弟子でした。

ナンネールの墓石
鳥刺しの像
パパゲーノ像

 『魔笛』の登場人物パパゲーノの像は、
静かな路地にあります。
魔法の鈴を持ち、鳥籠を背負っています。
足元は、泉になっていると思うのですが、
冬のためカバーが被せられていました。


 

ウィーンへ≫


《劇場街トップページへ》