劇場街トップへモーツァルト!
 Main  CD  DVD  Book  Travel  Event 
bar
ザルツブルク ウィーン(1) ウィーン(2) ザンクト・ギルゲン フランス イタリア ヴァチカン イギリス ドイツ
地図と旅の手帳  

モーツァルトの調べに乗って
旅の手帳
       


 『モーツァルト』をたずねる旅の記録を記載します。旅のヒントにどうぞ。
ガイドブックでは、判りにくかったところを中心に記載しています。


   ザルツブルク

モーツァルト ザルツブルクMAP
赤 : ミュージカルに登場ずる場所
青 : ミュージカルには登場しないが、モーツァルトに関連する場所


大きな地図で見る


     モーツァルトの関連する場所は、ザルツブルク新旧市内に集まっています。
   徒歩で十分周れます。
   ザルツブルクカードがとっても便利です。
   バス、ケーブルカー等が載り放題になる他、モーツァルト関連の博物館入場、オーディオガイドの貸し出しも受けられます。
   いちいちお財布を出す手間が省けますし、何度でも入れるので気に入った場所にもう一度ということもできます。

    ザルツブルクカードには、宿泊予約付きというものもあります。
   こちらを購入するとモーツァルト・スウォッチが特典としてついてきます。これがなかなかステキなデザインで売っていればほしかった。(2008年時)


   ウィーン

  モーツァルト ウィーンMAP
   赤 : ミュージカルに登場するシーン
   青 : ミュージカルには登場しないがモーツァルトに関連する場所


より大きな地図で 『モーツァルト』ウィーンMAP を表示


    ウィーンのモーツァルトの関連する場所は、リング内や周辺に集まっています。
   リング内であれば徒歩でも回れますが、リング通りを回っているトラムを活用すると便利です。

    ウィーンカードというものがありますが、ザルツブルクカードとは違って、博物館などの入場料が少々割引になるものです。
   チケットを買う手間がなくなるわけではありません。
   唯一得をしたと思ったのは、国立歌劇場のショップが10%引き(現金支払い時のみ)ぐらいです。
   国立歌劇場のショップはTシャツ、CD、買い物バッグ、メモ帳などなど、お土産品が充実しています。

   夕方(6時ぐらいから)ケルントナー通りには、ヴァイオリンやピアノを弾く人が現れるので、ぜひ歩いてみてください。



   ■モーツァルトコンサート/オペラ

      冬に行かれる方は、是非オペラを。
     国立オペラ座の一番安い席は、たったの2ユーロ。
     オペラ目的で行かれる方は、日本でチケットを予約したほうが安心です。
     高い席を取られた場合には、スーツ、ワンピース程度の服装で。
     2ユーロの立ち見席の場合には、ラフな格好でも大丈夫ということです。
   
      夏は、オペラのシーズンオフです。
     その代わりにあちこちでモーツァルトやヨハン・シュトラウスのコンサートが開かれています。
     観光客向けのもので、だれでも知っている曲が中心です。
     チケットは、観光地にいるチケット販売業者から気軽に購入できます。
     モーツァルト時代の服を着ているので、すぐに分かります。日本語が話せる人も多いです。
     発売者によって持っているチケットが違うので、何人かに聞いてみてください。
     許可を受けて、定価で販売しているので、比較的安心して購入できます。
     値段は30ユーロぐらいから。
      コンサートでの洋服は、ラフな格好で大丈夫です。
     きちんとスーツ、ワンピースを着ている方もいますが、そちらの方が目立ちます。
     オプショナル・ツアーで日本で事前申し込みもできます。



     ■モーツァルトのコンサートが開かれている場所
       シェーンブルン宮殿、ホーフブルク、楽友協会ホール、オペラ座、クアサロン(市立公園内)、などなど。
      たいてい8時〜10時。帰りは暗くなりますので、女性はホテルからアクセスが簡単な場所がいいかも。

     ■チケット販売者が多い場所
       シュテファン寺院の前、各種コンサートホールの前が多いです。
 

  ■モーツァルト関連のお土産

    モーツァルトのお土産は、オーストリア中どこでも売っています。
   チョコレート、人形、モーツァルトの服を着たクマのぬいぐるみ(あまりかわいくない)などなど。
   モーツァルトの小さな人形や、ちょっとしたTシャツは、ウィーンよりザルツブルクの露店の方が安かったです。
   オススメはウィーンの国立オペラ座の『魔笛』グッズ。パパゲーノとパパゲーナのTシャツや、買い物バッグなどなど。
   

 

   ザンクトギルゲン

     ザルツブルクの駅からバスが出ています。
    ザンクトギルゲンは小さな町なので歩いて回ることができます。
    ザンクトギルゲンのバス停留所のすぐ近くから出ているリフトがあって、ヴォルフガング湖を一望することができます。
    ヴォルフガング湖には遊覧船も出ています。

 

   ロンドン

   バッキンガム宮殿
   バッキンガム宮殿内部(ステートルーム)は夏季のみ公開しています。
   『混雑しているため、WEB予約した方がよい』とよく紹介されていますが、日曜15:00に行った時には予約なしでも直ぐに入れる状態でした。
   衛兵交代の直後は混雑するとのことなので、衛兵交代の後に見学のならば予約は必須です。
   バッキンガム宮殿公式サイト : https://www.rceltickets.com/
   
   【所要時間】
   オーディオガイドで通常の説明のみを聞いた場合 : 2時間程度。
   部屋に飾られた調度品や絵画の説明までをオーディオガイドで聞いた場合 : 3時間程度。

   かなり歩きます。見学の中盤の舞踏室でのみ、椅子に座ることができました。
 
   【WEB予約の仕組み】
   1.インターネットから日時を指定して予約します。
     入場料クレジット引き落としとなります。
   2.当日、予約時間より前にチケット引換所で、予約メールを印刷してみせるとチケット引き換えます。
     (チケット引換所の場所が分かりにくいので、早めに行くことをオススメします。
      場所はバッキンガム宮殿正面に向かって左手側にあります。)
   3.時間にステートルーム入り口でチケットを見せて入場。セキュリティチェックがあります。
   4.入ってすぐにイヤホンガイドを貸し出してくれます。(無料で日本語もあります。)

   【一口アドバイス】
   予約時間より早く着いてしまったら・・・
     予約時間より少々早くても、混雑していなければ大目に見てくれるようです。
     とりあえずトライ

   クイーンズギャラリーや宮殿外観と内部(ステートルーム)どちらを先に見る?
    ステートルームの出口は宮殿の裏にあります。歩いて戻ろうとするとかなり距離があります。
    王室グッズは、クィーンズギャラリーでもステートルームでも売っています。
    【宮殿外観】→【クイーンズギャラリー】→【ステートルーム】の順をオススメします。



◆ その他関連の観光案内

   ・ ザルツブルグ : サウンド・オブ・ミュージックの旅
   ・ ウィーン : エリザベートの旅
   ・ ハイデルベルグ : アルト・ハイデルベルグの旅
   ・ フランス : マリー・アントワネットの旅
  


◆ オススメの書籍

図説 モーツァルト ― その生涯とミステリー (ふくろうの本)
モーツァルトへの旅

《劇場街トップページへ》  《ミュージカル・演劇の旅一覧へ》